今日もまったり

つれづれなるままに時折PCに向かいて、心に浮かぶよしなし事を書いてみようと思います。 内容と無関係なコメントや広告宣伝を目的としたトラックバックは削除させて頂きます。

奈須余市語

ついに生「奈須余市語」を聴いて(見て)来た。
今日は大槻能楽堂で大槻文蔵の会、能「屋島」を見る日。
又いつもの伝で能を見て眠くなってはならじと昨夜は早々にベッドに入る心積もりなれどなかなか寝付けず(いつもならめっちゃ寝つきはえ~方やのに)、しかも遅い目に起きようと目覚し時計をセットしたにも拘らずほぼいつもの時刻に目が覚めた。
ま、仕事帰りって訳でも無いから大丈夫かな・・・ってことで出かけた。
本日の席は脇正面の後方。
こんな眺め。

nougakudou


まずは梅原猛氏の講演があり、いささか聞き取りにくくはあったが古代史から世阿弥まで彼の専門分野を通じて本日の能についてお話しされた。
古代史に関わっていた時代は聖徳太子が乗り移っていて、今は世阿弥が乗り移っておられるのやそうでそれなりに笑いも交えての講演であった。

休憩後いよいよ能「屋島」
都から来た旅の僧一行が一夜の宿を乞うた漁師が実は義経の亡霊で、源平合戦の様子を見て来たように語り、余りに詳しい話しっぷりに名を問われると「義経」の名をほのめかして掻き消える。
そこに本当の塩屋の主(これが萬斎さん)が現れ、僧の求めに応じて戦の有り様特に「奈須余市」(一般には那須与一と表記するように思うが能では流派によって表記が異なるらしい)の物語を聞かせる。
夜もふけて僧の夢枕に甲冑に身をかためた義経が現れ、屋島の戦でのエピソードを語り、今は修羅道の苦しさを訴えるがやがて夜は明けてそこにはただ朝風が吹いていた・・・というあらすじ。

囃し方にTVでも何度か見たことのある亀井広忠さんが出演されていて、キレのよい演奏に目と耳を奪われた。
「にほんごであそぼ」で「奈須余市語」の部分は何度も聞いてはいるが、やはり生で聴くと迫力もあり萬斎さんの所作の美しさにもキレのよさにもホレボレ~Y
彼は幾種類かの声を使い分けているように見えるが、どの声の時にはどんな表情をしてはるかが向こう向きに演技してはっても想像できてしまう(*^m^*)
私はあの声の中毒かもしれへんなぁ(^^;ゞ

yashima


今月は後2回萬斎さんにお会い出来る予定♪
まだ取ってはいないが11月の能狂言のチケットを狙っている。
その日の狂言タイトルは「成上がり」となっていて、「どんな話やったかいなぁ?」と検索したら最初に出て来た茂山千三郎さんのブログ、その内容に膝を打って大笑いしてしまった
国宝は嫌いやて言うてはるけど、私この狂言はどこかで見た事がある。
国宝が嫌いでお稽古拒否しはる狂言、逆に楽しみやわ(^w^)
(大蔵流と和泉流では話の展開がちゃうのかも)

*Comment

(^。^)(^。^)(^。^)

にこりんぼさん
能 満喫してきたみたいですね♪
能は観る機会がなかなか無く、今まで1度も生で観たことがありません。
内容をある程度知って観ると面白そうですよね。。。
萬斎さんの声に中毒になるにこりんぼさんの気持ちよくわかります(^。^)
今年はやはり萬斎さんイヤーですね(^_-)
  • posted by maki
  • URL
  • 2007.09/09 22:07分
  • [Edit]

makiさんへ

こんばんは
お能、その魅力を充分理解しているとは言い難い私ですが、萬斎さんの魅力に吊られて見ている内にいくらかわかって来るのでしょう。
ただ何もわからない一般人の目にも演者の中で特別な光を放っている人を感じることは出来てしまうものやと思います。

「今年は」やなくて「今年から一層」かも(^^ゞ
  • posted by にこりんぼ
  • URL
  • 2007.09/09 23:31分
  • [Edit]

ワーオー
その名前がずいぶん人を興奮させたことをだけ見ますv-344

こんにちは^^ 淨です。

あなたの観劇報告はとても真剣に豊富ですね˙ˇ˙
すばらしい~^口^

私も能が好きで、よくこれを探す方面の知識よ(大好きな流派は観世流のです、狂言となると、当たり前は和泉流ですとXDDD)

...実は私は日本文化歴史と伝統の芸術の方面についてすべてとても深い好感があって、だからこの方面関連している情報を見にくることを願います^^

若い者の族群中で『異種』でと言えますˊˇˋ

今は、日本語はまた段階を学んで、失礼な部分に通じないもし文法の誤った語意があるならば、また諒察されたくてもらいます。
<(_ _)>

またここに遊びにv-343
  • posted by 淨
  • URL
  • 2007.09/10 12:31分
  • [Edit]

淨さんへ

こんばんは
日本人でも能狂言に興味を持つ人はそんなに多くありません。
(能楽堂に行くと満員ですけどね(^^))
狂言は楽しくて、私は大蔵流も和泉流もそれぞれに好きですよ。
流派というよりお家によってカラーがあるように思うので、もっぱら野村万作家と茂山千五郎家の狂言を楽しんでいます。
お能のほうはまだ勉強不足で流派を云々できるほどの知識もありません(^^;
そちらでは能楽は翻訳された言葉でご覧になっているのですか?
  • posted by にこりんぼ
  • URL
  • 2007.09/10 21:59分
  • [Edit]

あら?

いまごろこんなことをお尋ねするのはとっても恥ずかしいのですが、萬斎さんはお能もなさるのですか?狂言をなさる方はみなさんお能のほうもなさるのでしょうか?

私の父は若い頃観世流の謡曲をやっていましたので、私は父の謡(うたい)を子守唄にして眠っていたそうです。父の声はとてもよく通る大きな声で、もちろん意味など解りもせず、ただ聞くことが好きでした。
大人になってからはあまり耳にすることはなくなりましたが、あれは一種の「音楽」だと思います。
  • posted by 未来
  • URL
  • 2007.09/11 10:43分
  • [Edit]

未来さんへ

こんばんは
謡曲・・・もちろん音楽ですわ♪
お父様のお謡いを子守唄にしてはったなんてシブイわね~(^-^)
狂言師が能に登場して役を演じはることを「間狂言」と呼ぶそうで、お能の約8割に存在するそうです。
シテ(お能の主人公)が中入りしてはる間に登場して語りをしたり、また登場人物の従者的な役で登場し舞台の進行役を担ってはったりします。
曲によってまたお能の流派によっても狂言方が演じられる役に違いはあるようですが、この「屋島」の中の「奈須余市語」や「翁」の「三番叟」のように狂言方の演じられる箇所だけを単独で取り出しても相応に見応えのあるものもあって、私のようにお能の中の狂言方を見に行っているようなファンはたぶん他にもいてはると思います(^^;ゞ
  • posted by にこりんぼ
  • URL
  • 2007.09/11 20:53分
  • [Edit]

TO にこりんぼさん^^:

ん...能楽の翻訳された言葉..
ええと...ほぼないですね。

もし海外にいる私達(外国人たち)は能の知恵について知っていたいならば、翻訳ても言葉ても、すべて探せない。

日本語にわからない限り、日本語のホームページあるいは書籍に分かって、その方面の知恵を知っていたくて、海外のについて私達は仕方がないです。

だから、今は日本語を学ぶ人はだんだん多くなります(笑)

結局『能』は日本の文化に属する、
私達はこんなに特別なことを知っていたくて、深さの出演があって、本来のまま先に日本語を上達しますでしょう^^


そのために、僕たちが非常にどりょくしますよ!v-407
  • posted by 淨
  • URL
  • 2007.09/12 09:55分
  • [Edit]

淨さんへ

こんばんは
そうですか。
翻訳されたものはほとんどないんですね!?
それなのに日本語を学んでお能を鑑賞されるのはかなり凄いことです!
何故ならお能で使われている室町時代の言葉は狂言で使われているような話し言葉とも又違っていて、日本人である私たちにも些か難解だと思いますから。
萬斎さんがいつか「翻訳されたものを鑑賞される欧米の方たちは昔の日本語ではなく現代の自国語で聞く事が出来るので、私たち日本人が感じるような言葉の弊害がない」と話されているのをどこかで読んだ気がします。
  • posted by にこりんぼ
  • URL
  • 2007.09/12 22:08分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

キーワード

まん我 文我 紅雀 吉弥 宗助 ひろば 米平 雀五郎 米紫 萬斎 吉の丞 小鯛 替り目 南光 鯛蔵 三象 寝床 南天 大阪クラシック 歌之助 二乗 雀喜 弥太郎 ざこば 千朝 雀三郎 塩鯛 しじみ売り 野ざらし しん吉 近藤浩志 生喬 雀太 そうば 米團治 米二 時うどん たま 吉坊 紙入れ 優々 お玉牛 佐ん吉 古澤巌 応挙の幽霊 大植英次 どうらんの幸助 梅團治 團治郎 生寿 よね吉 桜の宮 二番煎じ まん我さん あくびの稽古 寄合酒 文之助 野崎詣り 三十石 餅つき 上新庄えきまえ寄席 たいこ腹 米輔 雀松 米輝 米左 大阪フィルハーモニー交響楽団 平林 ちょうば 青菜 豊竹屋 船弁慶 書割盗人 あさ吉 井戸の茶碗 団朝 三幸 九雀 三歩 こごろう クレマチス 皿屋敷 十徳 弥っこ 浮世床 わかば 三十石夢の通い路 佐々木裁き 文三 二葉 野津臣貴博 人工股関節 慶治朗 福丸 さん都 グリーティング切手 田野倉雅秋 つぼ算 鬼の面 南青 胴斬り へっつい幽霊 りょうば 鞠輔 猿後家 豆炭 ちりとてちん 長原幸太 文都 ねずみ穴 一文笛 あおば 出丸 近日息子 子ほめ 雀々 花丸 ラピスラズリ ミニバラ 桑名船  ろくろ首 餅屋問答  永野沙織 宇治の柴舟 呂好 悋気の独楽 オダマキ 仔猫 はてなの茶碗 呂竹 染吉 狸の賽 都んぼ おごろもち盗人 米朝 新眞二 植木屋娘 染八 まん我の試み 池田の牛ほめ 高津の富 寿限無 吉野狐 切手 米揚げ笊 小梅 始末の極意 牛ほめ 七度狐 癪の合薬 大安売り 喬介 油屋与兵衛 河合珠江 石松 船隈慶 春若 矢橋船 首提灯 正雀 咲之輔 錦影絵 浮世根問 八斗 サークルタウン 鯛介 一蝶 煮売り屋 八天 ビーズステッチ 紋四郎 福笑  銀瓶 東儀秀樹 福團治 華紋 帯久 鍬潟 花筏 茶漬幽霊 上野博昭 染左 都丸 クリスマスローズ 春蝶 宮川彬良 阿か枝 短命 蝸牛 とま都 アンサンブル・ベガ 豊田公美子 文太 茂山宗彦 膝蓋骨骨折 ラッキー舞 上燗屋 春雨 粉粧楼 かい枝 永田萠 松五 ラナンキュラス 住吉浜闇簪 市楼 田舎芝居 茂山家 団姫 すずめ 村上信夫 二人袴 枝幸太夫 三金 新治 愛染 ミストラル 道具屋 枝光 学光 まんじゅう怖い 文也 米八 治門 自転車 京都市美術館 長居植物園 尼崎市吹奏楽団 谷守佳代 大フィル・チェロアンサンブル 八方 狂言 雲田はるこ 木下雄介 春之輔 国際文通週間 高宮川天狗酒盛 仁福 井上登紀 萬斎さん 胴乱の幸助 小佐田定雄 鶴瓶 竹林 そめすけ チューリップ 三番叟 神楽 雪山 三弥 野村萬斎 鶴志 鷹治 枝女太 茂山逸平 井上野’z 三人旅 三風 美術館  磁石 一之輔 万作 卯三郎 由瓶 煮売屋 南陽 南舟 まん我道場 桑名舟 鈴々 無言の行 染雀 玉之助 小春團治 染丸 サキタハヂメ 福車 鎌腹 ふみの日 木立性ベゴニア 染太 ザ・スカイ 純銀クロッシェ 篠原ユキオ バラ 牛盗人 舟弁慶 六地蔵 シクラメン NHK新人演芸大賞 金聖響 枝鶴 のぼうの城 彦八まつり 楽珍 川上 杣屋 文昇 借家怪談 染弥 附子 越後聟 文治 鶴見緑地 二豆 高橋悠治 タイガース 国盗人 二階借り 神舞 益美 団四郎 文鹿 五段目 智之介 つる 大喜利 ハーグレイハイブリッド 智六 大フィル 板里 ざこ八 きもの 大阪交響楽団 福楽 素襖落 遊喬 国立国際美術館 大阪市音楽団 八句連歌 鶴二 大治朗 文珍 マクベス 小三治 花折 島田歌穂 晃瓶 ゴッホ 呂鶴 タイフーン 笑丸 風喬 柴田幸子 ファウストの悲劇 前田憲司 末広かり 木六駄 福の神 宗彦 童司 逸平 七五三 齊藤清 呂蓮 サルンポワク 勢朝 アポロ 球根 喬若 マザーズデイ レオニーラメッシュ 弥生 スイートハートメモリー トレビ まん我の流儀 土蜘蛛  名取川 栗焼き 芭蕉 ルミナリエ 山田和樹 お囃子 アレルギー アロージャズオーケストラ 恐妻 羽田登喜男 素人浄瑠璃 旭堂南青 イルミネーション シロノワール 甲子園 題名のない音楽会 京都府立植物園 桂米紫 兵庫船 野球 上方演芸ホール まちがいの狂言 ややこしや 世田谷パブリックシアター 新内 首引き 中川渉 阪神タイガース 瓶二 純瓶 コレステロール 扇町寄席 魚説法 船渡聟 天使 松之助 はん治 蔵之助 好太郎 鯉朝 竜楽 オーケストラ 旭堂南陽 ヤン・ファーブル 舟越桂 村上祐子 まったりdays 矢野捕手 安藤禎央 古澤さん 頼光寺 謀生種 三人片輪 舟渡聟 新国立美術館 飛梅 田中傳次郎 ヘンダーソニー ナスタチウム チュチュ 玄月 慎悟 八光 べ瓶 川瀬巴水 きん枝 首引 仁智 里光 はたけやま裕 太遊 替り目(半ばまで) 三若 小はぜ カリブラコア 市弥 鉄平 白鹿 一九 ルリマツリ のんき ポリゴナム ヴィオラ 新内枝幸太夫 一輝 久住雅人 上田康介 栗焼 岩谷祐之 南左衛門 ベルリンフィル・ヴァイオリン・アンサンブル 松本薫 正邦 島田洋海 慶和 千五郎 千三郎 ルーベンス はやしや律子 寅之輔 文福 中井香菜子 千作 藤田六郎兵衛 亀井忠雄 近江八幡 大川貴子 浅野美希 三喬 藤岡幸夫 中之島薔薇園 貴婦人と一角獣展 喬太郎 ルノワール はにたん ピサロ 兵庫県立美術館 小朝 文華 東京都庭園美術館 鯉ん 北野恒富 三実 あべのハルカス美術館 ベゴニア あまぐ鯉 美希 桃太郎 友枝彩 恭瓶 長命 小太郎 味千代 小留 楽一 こはる まねき猫 坂口雅秀 小猫 九ノ一 文喬 かぜうどん 内藤ルネ 右喬 西宮市大谷記念美術館 咲くやこの花館 大槻裕一 仁昇 小染 茶漬け幽霊 おやつ ふつうズ こい亭 智丸 方正 幸枝若 サンレモ 花團治 野辺 千橘 鶴笑 今尾淑代 ダックワーズ 慎吾 坊枝 む雀 加藤真弓 南湖 万博記念公園 文五郎 なぎさサクソフォンカルテット 秀都 鉄瓶 ねこまんま 仁勇 庄司拓 井口雅子 ろべえ 朝太郎 富蔵 丈二 中村拓美 いわさきちひろ 春野恵子 生志 胴切り  茂山正邦 隠狸 喜丸 月見座頭 法螺侍 釋智美 煎物 咲嘩 合柿 八島 釋伸司 二人三番叟 平治 小曽根真 ジョン・健・ヌッツォ 上妻宏光 志らら 談修 豊澤龍爾 豊竹睦大夫 京都国立近代美術館 藤原道山 昇太 花緑 我が魂は輝く水なり 墨塗り 真言宗声明隊 歌仙 カルメン 佐渡裕 唐相撲 鐘の音 奈良県立美術館 文蔵 高嶋ちさ子 悪太郎 縄綯い 昆布売り 中之島バラ園 東洋陶磁美術館 宝塚ガーデンフィールズ ブルーオベイション ベッジ・パードン 延陽伯 筑紫の奥 邯鄲 博奕十王 清水 二人大名 縄綯 東京都美術館  葵の上 佐渡狐 痩松 葉加瀬太郎 成り上がり 見物左衛門 六道輪廻 唐人相撲 吉田幸助 茂山茂 薮原検校 松枝 饅頭こわい 無言の業 道楽亭海人 ふみの日切手 小枝 USJ 歌扇 多ぼう 左龍 小満ん 旭楓 三四郎 団治郎 遊方 圭花 小咄あれこれ 志ん吉 菊龍 談春 半蔵 津村美妃 蝶六 花子 瓶太 ウィリアム・モリス展 いわみせいじ たまご 團六 旧岩崎邸庭園 白酒 千之丞 幸田さと子 枝雀 はまのゆか 釣針 鬼瓦 馬るこ 歌太郎 カラスウリ 茂山七五三 萩大名 クインテット 鯉八 武悪 水野英子 にれ屋敷 三三 山本潤子 切手趣味週間 三ノ助 福矢 仁鶴 小野眞優美 佐久間聡一 大阪市中央公会堂 勧進聖 大阪光のルネサンス 三本柱 業平餅 三段 

QRコード

QR

左サイドメニュー

           

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


プロフィール

にこりんぼ

Author:にこりんぼ
趣味:園芸、狂言、落語、音楽、美術鑑賞、阪神タイガース応援、手芸など

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
落語
4位
アクセスランキングを見る>>